当前位置: 首页>> 投资指南

投资指南(日本語)

发布人:杨凌示范区产业投资促进局
信息来源:
信息发布时间:2021-07-19 02:56:58
字体大小:

歴史の淵源

1.png

4000年前、中国の歴史上最初の農務長官である後稷は、このあたりで農耕、穀物の栽培を人々に教え、中国の農業文明を切り開いた。

楊凌、元の名は「楊陵」であり、境域内に隋朝の皇帝楊堅の陵墓があることから名付けられた。楊凌示範区は下に県に相当する楊陵区を管轄している。

1934年に于右任氏と楊虎城将軍が立地を選び、国民政府がここで中国西北地方初の農業高等専門学校――国立西北農林専門学校(即ち現在の西北農林科技大学の前身)を創設した。

中華人民共和国が成立した後、国と陝西省によってここで二つの大学、五つの研究所と三つの中等職業学校など計10つの農業・科技・教育関連機関が立て続けに設立されたことから、楊凌は中国の「農科城」と呼ばれるようになった。

1997年7月29日に、国務院は楊凌国家級農業ハイテク産業示範区(以下、楊凌示範区)の成立を認可した。楊凌示範区は国家ハイテク産業開発区リストに組み入れられた。

楊凌の位置

2.png

中国における位置

3.png

陝西省における位置

楊凌示範区は陝西省関中平原の奥地に位置し、西安咸陽国際空港まで70キロである。総面積は135平方キロメートルであり、総人口は24万人である。隴海鉄道、連霍高速道路が通り行き、「30分間」の道程は260万人の人口に便益を提供している。

国から託された使命

核心示範区、乾燥地域の発展を導く、全国に奉仕

「一帯一路」現代農業国際協力センターを積極的に建設し、世界的に有名な農業科技革新示範区を構築する。

-国務院『中国(陝西省)自由貿易試験区総体方案の印刷・公布に関する通知』(2017年3月15日)

楊凌農業ハイテク産業示範区を乾燥地域と半乾燥地域における農業科技革新推進革新エリア、新時代における農村振興及び特色のある現代農業発展主導示範区、及び国際的な影響力を持つ現代農業革新高地、人材高地と産業高地にまで建設する。中国の乾燥地域および半乾燥地域での農業の近代化により大きな貢献をする。」

-国務院『引き続き楊凌農業ハイテク産業示範区を良く建設するための若干政策への返答』(2018年10月26日)

2019年6月、習近平国家主席は、上海協力機構(SCO)加盟国首脳理事会第19回会議にて、中国が陝西省でSCO農業技術交流研修示範基地を建設するつもりだと発言された。現在、楊凌示範区を基にする当基地は建設されている。

楊凌示範区特有の体制

楊凌示範区は、「中央政府共同建設」という体制を実施しており、地(市)級の行政権と一部の省級の経済管理権を有している。

楊凌示範区建設指導グループ

rw1.png

農業科技における優位性

4.png

楊凌示範区には70以上の分野をカバーする7,000人以上の農業科技・教育人材が集まり、国内外において農業・林業・水産業に関する科学技術、人材、情報など革新のための要素が最も集中した区域の1つである。

区内にある西北農林科技大学は、国の「985プロジェクト」と「211プロジェクト」の重点建設大学であり、国の第一陣の「双一流」大学リストに入選された。楊凌職業技術学院は国が創立した第一陣の高等職業学校のひとつとして、高等職業学校競争力リストで第11位を誇っている。

ブランドにおける優位性

「楊凌農業ハイテク成果博覧会(CAF)」のブランド価値は871億1900万元であり、国の農業地域ブランドで第1位を誇る。

「楊凌農業科技」のブランド価値は818億5800万元であり、国の地域ブランドの先頭に立つ。

デモンストレーション効果

5.png

新品種と新技術を含め合計2,700項が普及され、国の18の省(市、自治区)で318の農業科学技術示範普及基地が建設された。年間の示範普及面積は9,031万ムーであり、普及による利益は230億元に達し、何億人もの農家に利益をもたらした。

国際との協力

6.png

60以上の国と地域と提携関係の確立

13の農業国際協力プラットフォームの設立

自由貿易実験区の対外開放プラットフォームの活用

「一帯一路」現代農業国際協力センターの構築

楊凌示範区科学技術革新センター(楊凌大学科技園

7.png

科学研究機関、科学技術成果、人材及び資本など革新に必要な要素を集め、先駆的で、指導性のある、シンボル的な農業科学技術革新プラットフォームを構築する。

入区知名企业有先正达(Syngenta)、科迪华(Corteva)等,聚集各类种子企业26家。

現代の種子産業

8.png

国内で最も重要な農業・畜産業優良品種の流通センターの1つ

区内に進駐した有名企業としては、シンジェンタ(Syngenta)、コルテバ(Corteva)などが挙げられ、各類の種子業界企業26社がここに集まっている。

生物医薬

9.png

区内にはGMP適合認定を取得した医薬品メーカーが21社あり、医薬品承認番号を取得した品目が215ある。

区内の有名企業は、歩長製薬と済川薬業などがある。

農業機械の製造

10.png

20社近くの各類農業機械メーカーが進駐した。

中国初の「国家農業機械購入補助金スーパーマーケット」を有している。

農産品の高付加価値加工

11.png

区内には265社の農産品加工企業があり、果汁加工、乳飲料、小麦粉、肉加工、フルーツワイン、食用菌類、野菜の高付加価値加工の発展に重点を置いており、産業全体のチェーンがほぼできている。


人工知能施設農業

楊凌スマート農業示範園の建設が計画中

デジタル農業や施設農業などの分野を中心に国のデジタル農業高地を構築する。

区内の有名企業は、Huawei、Alibaba、ジンドン(京東)、デジタルチャイナなどがある。

環境に優しい農業資源

12.png

国内で最も重要なバイオ肥料、飼料、無公害農薬の生産および流通基地の1つ。

区内の有名企業は、アメリカのカーギル社(Cargill)、ドイツのSANO社、台湾安佑などがある。

レジャー農業

13.png

国家レジャー農業と農村観光示範区

現代的農場や現代的農業園区などをキャリアとし、研学旅行、農耕体験、科学普及・レジャー、レジャー・レクリエーションを特色とするレジャー農業ブランドを構築する。

農業技術サービス業

国第一陣の科学技術サービス業界の試験区域

創業・イノベーション、デモンストレーション・プロモーション、科学技術研修、農業展示会などを含む科学と金融による現代農業技術サービス業体制を形成した。

住環境

14.png

16.png

国家生態示範区

国家衛生区

国家食品安全衛生都市

国家レジャー農業と農村観光示範区

国家農業観光示範区

国家研学旅行基地

17.png

省級の示範区高校-西北農林科技大学付属中学校、楊凌衡水実験中学校、陝西師範大学楊凌実験中学校、西安交通大学康橋小学校など、省内外のブランド教育資源を有する。

西安市児童病院、西安市第四病院、西安市赤十字病院をはじめとする省内トップクラスの専門医療機関がすべて楊凌に分院を設立した。


投資コスト

rw1.pngrw2.pngrw3.pngrw4.png

注:以上の徴収標準を調整する場合、新標準に基づいて執行する。

中国農業文明の重要な発祥地

国内初の国家級農業ハイテク産業示範区

上海協力機構(SCO)農業技術交流研修示範基地

中国自由貿易試験区の中で唯一の鮮明な農業特色を 持つエリア

国家食品安全示範都市

国家「大衆創業・万衆革新」示範基地

国家現代農業産業園

国家級生態示範区

中国乾燥地域における農業技術対外援助研修基地

中国・楊凌

電話:国内:(029)87030101国際:(8629)87030101

ファックス:国内:(029)87037729

国際:(8629)87037729

ウェブサイト:www.ylagri.gov.cn

Www.investyl.gov.cn

住所:中国・陝西・楊凌示範区新橋北路6号政務ビル

郵便番号:712100

二〇一九年十月

(更新于2021年7月19日)